セフレになってくれる異性を出会い系サイトピュアアイで探した結果、とうとう出会うことになったら、格段の喜びではないでしょうか。

ピュアアイ

実際に会うとどんな人なのか、また相手の反応も気になるところです。

ぜひ楽しい時間を過ごしたいものです。また、その一方で、セフレになる、ならないにしろ相手と出会う時には気をつけないといけないこともあります。それを見ていきましょう。

遅刻はしないこと

遅刻はしない

セフレになるかもしれない相手と出会う時には、まずは遅刻をしないようにしましょう。

最初の出会いですから、なおさら遅刻はマイナスの印象を与えます。

もし、相手が人妻だと時間も限られます。男性と仕事が終わってからだったり、合間の時間と貴重な時間を使っています。

遅刻して遅いからともう会わないなんていう人さえもいます。

チャンスを逃さないためにも、遅刻は絶対に止めましょう。

待ち合わせ場所に注意

初めて会うので分かりやすい場所がいいのですが、人目につくとやはりまずいこともあります。

特に女性の場合には、ホテルに入るところを見られると噂をたてられるかもしれません。

待ち合わせもホテル前とかは止めましょう。時間帯も考慮しますが、分かりやすくてまずは人目につかないところを探しましょう。

プライベートな情報は、隠すこと

実際にセックスしてみたけど、自分には合わなかったからと止めることも悪くはありません。しかし、相手がしつこく、付きまとうことも考えられます。

プライベートなことを知られるのは、付きまとわれる可能性があります。すんでいる地域の細かいところや仕事場や、よくいくところは話題にするのは止めましょう。

また、例えば自家用車で相手を拾うこともあるでしょうが、車のナンバーや社内のものにあるものから、プライベートがわかることもあるのです。

自家用車での迎えも避けた方がいいのかもしれません。プライベートは隠すようにしましょう。

貴重品はしっかり管理

ホテルでシャワーを浴びているときに現金を取られたり、携帯番号を見られるなどのトラブルも実際にあります。

貴重品はしっかり管理しましょう。やはり不安ならば、わざと一緒にシャワー浴びようといって、入ってから出るまで一緒にすごぜば、相手から目を離さないので、安心できるかもしれません。

女性からだと、男性もなんか嬉しくなりますし、イチャチャ感がして、男性の印象をよくすることもできます。

監視もできて、男性の好感度も上げれるのでメリットもあります。

写真はとらないこと

写真はとらない

セックスが盛り上がって特に男性から、写真や動画をとりたいと言ってくることもあります。それは絶対に断りましょう。

確かに写真や動画を撮影すると、男性でも女性でも興奮します。さらに、きもちもよくなるし、病み付きになるかもしれません。

しかし、今ではリベンジポルノも後を絶えません。セフレの遊びでもまずは、写真や動画は止めましょう。あとから絶対に後悔します。

別れた後は注意

まずはないでしょうが、やはり相手が別れた後についてくるなんて、ケースもあります。ですので、後をちょっと振り返ってみたり、電車を利用しているのであれば、降りる駅をずらしたり、帰る時間をずらすなど帰りも気をつけましょう。

セックスは頑張ろう

セックス

出会った後はセックスをするのですが、やっぱりテクニックは出して、気持ちよくさせることです。

最初のセックスがうまくいかないと、初回で終わることがあります。

ですので、全部出すのもちょっとですが、やっぱりテクニックを出していきましょう。

男性は美人局に気をつけること

女性がつつもたせとなって、男性からお金をゆすってくることもあります。

ですので、どうしてもホテルにこだわる場合には気をつけましょう。

最後に

出会う時には、ここに書いたことを気をつけてください。あなたの身を守ることも大切です。

まあでも、出会うまでも問題になってきますけどね。ピュアアイ 口コミを見て攻略法を見つけるのもいいかもしれません。

もともと、年上の女性が好みなのですが少しの歳の差ではなくかなり開いているほうが良いという条件がありました。

ですから、日常生活の中で出会うキッカケというものが皆無と言っても過言ではなかったのです。

本命の女性を探したいと言う気持ちももちろんあるのですが、それよりもセックスに対する興味のほうが強かったのでセフレ関係を持つことが出来る女性をというのもまた願望として持っていました。

そんな自分と神奈川の厚木市に住むある女性との体験談です。

ピュアアイを通して知り合った女性

ピュアアイ

ピュアアイ内における地域ごとのコミュニティに参加をしてから、活発に掲示板を利用していました。

ピュアアイは婚活サイトなのですが、普通の出会い系としても使える出会い系サイトなのが便利です。

自分と同じように、かなりの頻度で掲示板に書き込んでいる女性がいたのです。

それが40歳の飲食店経営という女性でした。

リッチな様子で、写真を見てみると良いものを持ち・良い車に乗っていました。

恋人は居ないということも書いてありましたので、もしかしたら割り切った関係を持てるかもしれないと漠然と考えコンタクトをとってみることにしたのです。

甘えられる存在へ

他愛ないやり取りからスタートしたメッセージ交換。早い段階で個人的な連絡先も教えあいました。

経営者ということで考えもしっかりしているなと感じることも多く、相談をしたり愚痴を聞いてもらったり・・・と、甘えられる存在にもなっていったのです。

これもまた、年上女性の魅力の1つかもしれません。

会いたいということを切り出したのもちょうどこの頃でした。

実際に会うことに

彼女はあまり迷うことなくOKをしてくれて会うことに成ったのです。

しかも、彼女が車を出してくれるとの事。プランもそして経済的な部分もリードしてくれてセックスができると言うのが理想ではありますので、自分にとってはこんなラッキーなことは無いという気持ちでいっぱいでした。

その印象とは

年齢よりも肌も綺麗でスタイルも若々しいというのが第一印象でした。

高級車に乗ってきた彼女はすぐに自分を助手席へ誘導してくれます。

そこから先は完全に彼女のリード。

食事をするにも、どこかへ向かうにも全てを決めてくれていました。自分は甘えっきりでも構わない環境が出来ていたのです。

夜も更けていき

こうした実に楽なデートをしていたのですが、決めるときは決めないとという気持ちもありました。

ですから、セックスのお誘いは自分からという事は考えていたのです。

夜も更けて言いやすい空気が出来たという事もあり「ホテルへ行こう」とストレートに言いました。

彼女は少し考えてこういったのです「ごめんね」と。

まさかの展開

会ったのだから当然ながらセックスが出来る。

そんな風に思っていましたので、ごめんねと言われたときにはかなり戸惑ってしまいました。

そのままつい無言になってしまったのです。

無言

暫く車の中で沈黙が流れた後、彼女は断った理由を話し始めました。

最初は自分も若い男性とセックスが出来ればという思いはあった。

しかし、甘えられて頼られているうちに制的な対象として見ることが出来なくなっていった。

実際に会えばその気持ちも変わるかと思ったけれど変化は一切無かった。ということでした。

甘えの気持ちを持ちすぎた

甘えられるのが年上女性の魅力でもあるのですが、やはりいささか甘え過ぎてしまったのかもしれません。

男らしさというものをやはりやり取りの過程においても見せていくことが大切なのだという事を痛感した出会いとなってしまいました。

その後、彼女とは連絡すら取らなくなってしまいました。

せっかくのチャンスを逃してしまいましたが、これでもうセフレ探しはしないというのではなく、相手の気持ちや自分の心持というものを考えながら、また新たにセフレを探していきたいなと考えています。